Re:fa Upholstery

  • 資料請求・お問合せ

SDGs

当社では、椅子、ソファを中心に、インテリア装飾、 メンテナンス事業などの事業を行っています。

「全ての皆様に感謝の心で愛情と想いやりを、笑顔溢れる空間創り」をスローガンに掲げ、大阪から全国へ、そして世界へ弊社の想いを発信し、地元である大阪に貢献していきたいと考えています。
そこで世界基準の社会的な目標でもある、SDGsの達成に向けた取り組みを行い、理念の達成また全国の企業が取り組むSDGs活動のサポートさせて頂きたいと思っております。

SDGs

SDGsとは
持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。
  • 目標12:つくる責任つかう責任 目標13:気候変動に具体的な対策を
    椅子・ソファの張替えを通して、
    持続可能な生産消費形態を確保する
    材料使用量の削減に取組んでいるとともに、張り替え事業を行い椅子・ソファの再生利用を行っています。
  • 目標7: エネルギーをみんなに そしてクリーンに 目標11:住み続けられるまちづくりを 目標12:つくる責任つかう責任 目標13:気候変動に具体的な対策を 目標17:パートナーシップで目標を達成しよう
    太陽光発電・省エネ
    環境問題に対して、再生可能エネルギーを活用し地球にやさしいものづくりを目指して気候変動対策に貢献しています。

    太陽光発電・省エネ

    2020年1月現在 自社エネルギー自給率20%
    再生可能エネルギーを導入することで、月700kg(年間約8t)のCO2を削減に貢献しています。
    2030年目標 自社の消費電力を100%再生可能エネルギーで賄います。
    事務所・工場の照明をすべてLED照明にする事で、約50%の省エネルギーを達成し、環境負荷の低減を図っています。

  • 目標4:質の高い教育をみんなに 目標11:住み続けられるまちづくりを 目標12:つくる責任つかう責任 目標13:気候変動に具体的な対策を 目標17:パートナーシップで目標を達成しよう
    廃棄生地の活用

    廃棄生地の活用

    廃棄生地の活用

    椅子生地を裁断したときに、椅子やソファには使えない大きさの半端な生地が沢山でます。そんな半端生地を捨てるのはもったいないなと思い、使ってもらえるようにカタチを変えてペーンケースにして、工場見学に来た生徒さんたちのプレゼントとして活用しています。

    工場見学を通して地球の未来について一緒に考えたり、社会が抱える課題に対し、さまざまな取り組みを行い、より良いまちづくり、人づくりに貢献します。

  • 目標3:すべての人に健康と福祉を 目標12:つくる責任つかう責任 目標13:気候変動に具体的な対策を 目標14: 海の豊かさを守ろう 目標17:パートナーシップで目標を達成しよう
    ペットボトルのキャップを分別して集め、エコキャップ推進協会へ送付。
    当社でリサイクルしたキャップは4,687個で、キャップの焼却処理で排出される34.33kgのCO2削減に貢献しています。
    そして、プラスチックごみをださないために、分別してリサイクルをし、世界中の海から、海洋汚染をなくしていきたいと思います。
    今後はプルトップも分別して寄付、難病の医療支援に役立てます。

    リサイクル

    リサイクル

  • 目標4:質の高い教育をみんなに 目標8:働きがいも経済成長も 目標5:ジェンダー平等を実現しよう 目標17:パートナーシップで目標を達成しよう
    Re-faアカデミー(認定職業訓練校)
    認定職業訓練とは、事業主等が、その雇用する従業員に対して行う職業訓練のうち、職業能力開発促進法に定める教科・訓練期間や設備など、一定の基準に従って行われる職業訓練であって、事業主等の申請により、都道府県知事が訓練基準に適合するものであると認定したものを「認定職業訓練」といいます。 職業訓練が、体系的に行われることにより、職業人としての有為な労働者の育成と、その職業の安定と労働者の地位向上を図ることを目的としています。

    当社では大阪府知事の認定を受け、小規模職業訓練学校「Re-faアカデミー」を開校し、
    1. 1.いす張り実務コース(初級)・・・・・・・・・・・・・・社内検定2級合格を目指す
    2. 2.いす張り実務コース(上級)・・・・・・・・・・・・・・社内検定1級合格を目指す
    3. 3.いす張り作業技能検定合格コース(2級)・・・中央職業能力開発協会検定2級合格を目指す
    4. 4.いす張り作業技能検定合格コース(1級)・・・中央職業能力開発協会検定1級合格を目指す
    を設けて、各自の実力に応じた自社従業員の育成を主体としながらも、社外で椅子張りに携わる方や、椅子張りに興味のある方へ広く門戸を開き、業界発展に力を入れております。

    修了証書
  • 目標4:質の高い教育をみんなに 目標11:住み続けられるまちづくりを 目標17:パートナーシップで目標を達成しよう
    地域活動
    小学校の工場見学・中学校の職場体験
    高校のインターシップ等の受け入れ

    地域活動

    椅子やソファは、自宅や病院、飲食店やレジャー施設など、生活の身近なところに沢山ありますが、それを作るひとや携わる人たちのことをほとんどの人たちは知りません。地域の子どもたちに工場見学や職場体験の場を提供して、実際にどんな風に椅子やソファが生まれ変わっていくのか、どのようにして作られていくのかを見学したり、道具の意味や使うコツなどを職人たちが伝え、ものづくりの楽しさを体験してもらっています。


    地域活動

    さらに、AGH(A:明るく、G:元気に、H:ハキハキと)をモットーに、お客様や働く仲間と接することを大切にしていること、チームで張地を探すゲームを通して、チームで考えることの意味や、社会に出て働くということはどういうことなのかを事務所の皆さんが伝えています。こういった機会が社員が育つ場となり、地域とつながり、ともに育ちあう場になっています。

  • 目標5:ジェンダー平等を実現しよう 目標8:働きがいも経済成長も 目標17:パートナーシップで目標を達成しよう
    インターンシップ受け入れ
    就職でミスマッチが起こってしまうと、「自分に合っていなかった」「こういう仕事ではなく別のことがしたかった」などの理由で早期に退職してしまうことになります。

    会社にとっても、様々な研修やOJTなどで新入社員の育成に取り組んでいますが、残念ながら早期退職となってしまっては、これらの研修が活かされません。
    そのようなことが起こらないよう、お互いがお互いを知り、納得して雇用契約が結べるよう、専門学校生などのインターンシップ受け入れを行っています。

    入社前の段階で、当社の業務内容、勤務条件などをしっかりと理解していただくことでミスマッチを防ぎ、一人ひとりの人生が豊かなものになるよう願っています。
    また、椅子張り業において、いずれは独立したいという方は、当社でしっかり技術を身に付けていただき、様々な研修(TOC研修、MG研修など)を受講することにより経営のノウハウなども勉強できる教育体制を整えています。
  • 目標4:質の高い教育をみんなに 目標5:ジェンダー平等を実現しよう 目標8:働きがいも経済成長も 目標10:人や国の不平等をなくそう 目標11:住み続けられるまちづくりを 目標17:パートナーシップで目標を達成しよう
    働くママを応援する会社になる・多様な人材と登用・育成
    当子どもの用事で抜けても笑顔で送り出すという働きやすい職場づくりを推進
    子育てママの積極採用・短時間正社員制度・グローアップ制度
    多様な人材育成のための研修制度の充実とサポートの継続
  • 目標5:ジェンダー平等を実現しよう 目標8:働きがいも経済成長も 目標17:パートナーシップで目標を達成しよう
    短時間正社員制度
    当社では、短時間正社員制度を設けています。正社員の4分の3の勤務時間で勤務することができ、社会保険にも加入していただいています。短い時間でも責任ある仕事を任されることにより、素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれます。現在、事務課で短時間正社員の方が活躍してくれています。他部署との連携がスムーズにいくよう立ち回る、そんな役割を果たしてくれています。
  • 目標4:質の高い教育をみんなに 目標5:ジェンダー平等を実現しよう 目標8:働きがいも経済成長も 目標17:パートナーシップで目標を達成しよう
    社内検定制度

    社内検定制度とは、当社独自に実施する「いす張り職業能力検定制度」で、いす張りスタッフに計画的に受検させる制度です。公的な検定制度(中央職業能力開発協会)との違いは、より実践業務をこなすために必要な能力向上に絞った検定で、

    1.いす張り社内検定1級
    2.いす張り社内検定2級

    を設け、社内検定の合格を目標とし、いす張り技術の向上を図り、モチベーションをアップさせ、いす張りスタッフが当社以外でも自立して活躍できる力を養っています。

    社内検定制度

    社内検定制度

  • 目標3:すべての人に健康と福祉を 目標8:働きがいも経済成長も 目標17:パートナーシップで目標を達成しよう
    フレックスタイム制の導入
    動く椅子張り工場としてお客様の営業時間を変更することなく、現場施工を行うことは当社の強みです。しかし、お客様の営業時間外=夜間であることも多く、夜間の現場施工もあります。

    夜間勤務し、次の日は休息のため休んだり、時差出勤により遅めに出勤した場合、欠勤扱いになってしまったり、残業時間が増えてしまうことなどが課題でした。

    そこで、フレックスタイム制を導入しました。幹部スタッフとじっくりと協議し、フレックスタイム制特有のコミュニケーション不足に陥らない体制の構築、日々各自の労働時間の累計が把握できるようフレックス専用の出勤簿の活用、タスクボードによる物件ごとのスケジュール管理、グループウェアによる各自の予定の共有など、働き方改革は常にアップグレードを図っています。

    フレックスタイム制対象者のアンケートにおいては、運用の難しさを感じる一方で、身体が楽になった、家族と過ごす時間が増えて家族も喜んでいるなど、従業員とその家族にとってもプラスの面は感じてもらえているようです。
  • 目標3:すべての人に健康と福祉を 目標8:働きがいも経済成長も 目標17:パートナーシップで目標を達成しよう
    生活習慣病予防検診
    日本は急速に少子高齢化が進んでおり、それに伴い、病気にかかる人の割合も多くなっていくことが容易に予想されます。

    早期発見ができれば、治療もしやすく、費用も抑えられるため、毎年の定期健康診断に加え、生活習慣病予防検診を行っています。

    法定の定期健康診断はいわゆる正社員が対象ですが、当社では、福利厚生の一環として、法律では受診義務のないパートスタッフの方たちにも生活習慣病予防検診を実施しています。
  • 目標12:つくる責任つかう責任 目標17:パートナーシップで目標を達成しよう
    ISO9001
    品質向上・維持のため国際規格ISO9001を取得しました。

    ISO9001